トラッド司法書士事務所
電話番号 0120-74-00-22
あなたの過払い金を取り戻す!借金を減らす!

過払い請求とは、貸金の利息を制限している法律が2つ存在しています。1つは「利息制限法」と呼ばれるものです。もう1つは「出資法」というものになります。

利息制限法では、貸金の利息について貸付額毎に上限金利が設けられています。

10万円未満 → 年20%
10万円以上100万円未満 → 年18%
100万円以上 → 年15%

この上限を超える利率の契約を行っていた場合は、超えた分が無効になります。

しかし、過去、消費者金融やクレジット会社では一般的に年20%台の利息でお金を貸し、借りた人もそれに従って返済している事が多々あります。

なぜそのようなことが発生していたのかというと、利息制限法には罰則自体はありませんので、例え年20%台の利息で貸していても見過ごされてしまうのです。しかし「出資法」を破ってしまうと罰則があります。

出資法は上限利息が29.1%で設定しているため、その利率を超えないようにして融資をしていました。

このように利息制限法と出資法の間の利率がグレーゾーン金利と呼ばれるものとなり、それが存在したことで過払い金=払い過ぎた利息が発生していたのです。

電話番号 0120-74-00-22 メールでお問い合わせの方はこちら